Finger

Bowing

Finger Bowing Play
フィンガーボウイング奏法

Finger Bowing奏法とは】

「現代クラシック・ギター奏法の父」とも称されるスペインのギターリスト ”アンドレ・セゴビア” の流れを汲むギター奏法を学び、クラシックギターの正統な奏法を基板としてウクレレ用に改良発展させた奏法。

この奏法で引き出される、楽器本来が持つ”木”の温かい音色は、ハープのような美しい響きを持ち合わせていて”優しくつつみ込む音”と言われおり、マルチ ミュージシャンのダニエル・ホー(グラミー賞受賞者)も「Tone is perfect !! I have nothing to say aout it.」と評価するなど、ハワイのトップミュージシャン達もKahuaの技法や音色を認めている。

 

【名前の由来】

ウクレレを奏でる際、指先をバイオリン等で使われる弓のように使う所から”フィンガーボウイング奏法”と名付けられた。

興味のある方は、是非「Finger Bowing奏法 解説動画」(※現在準備中)をご覧ください。

このページはまだ準備中です。

順次、記事やコンテンツを拡充していきますので、今暫くお待ち下さい。

Finger Bowing奏法のインフォメーション動画もリニューアル中ですので、お楽しみに!

Finger Bowingインフォメーション動画

Comming soon...

ただいま準備中です。

ウクレレ弾き比べシリーズ

ハワイを代表するウクレレメーカーKAMAKAの正規輸入代理店クロサワ楽器のウクレレ・エバンジェリストとして、KAMAKA全モデルの弾き比べをした動画でもFingerBowing奏法が描き出す音色を感じて頂けると思います。

KAMAKA Tenor HF-3

KAMAKA Tenor Deluxe HF-3D

KAMAKオールモデルは以下からご覧になれます。[YouTubeページにリンク]